お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • パース理論の完全形態「透視図法解剖図」

     これまで透視図法について散々考察を重ねてきましたが、やっとまともな形で理論化できたような気がします。思い返せば、透視図法の知識が全くない頃に書いた「建築パースを徹底研究!パース理論の基礎知識と描き方」の記事では情報量だけが溢れて結局明確な結論は得られず、「視円錐を使って考える望遠パース・広角パースの描き方」の記事で視円錐というものを知り、「一瞬で背景イラストのアングルと画角を決めるパースの描き方」の記事で視円錐の底面を使えば画角を自由に設定できると確信し、よく分からずに作図していては嘘パースを描いてしまうため「透視図法の知られざる大前提 〜実は市販のパース理論書の教えは間違っていた〜」の記事では独自のルールを決めました。そこまでで大きな間違いはないのですが、やはり閃きだけで考察していてもまとまりがなく、いろいろな知識はあるけどそれらを連結できないことがあります。透視図法の難しいところは、連結すべき知識を間違ってもなんとなく描けてしまうため間違いに気づけないところです。その間違いに気づけないのは透視図法の全貌が掴めていないからです。

     そこで、過去に得た知識を全て拾い集めて論理的に矛盾がないように並べ替えることで、知識を正しく連結し直そうと考えました。透視図法には様々な意味を持つ点や角度が多数あり、それらを分解して理解した後、再度組み立てて一つの平面図にまとめることで透視図法の全貌を完全把握した状態で作図できます。その一つの平面図のことを「透視図法解剖図」と名付けました。この記事では、魔改造された透視図法解剖図なるものを紹介し、その後で少しずつ徹底解剖しながら解説していきます。

    視界=視円錐=カメラ=透視図法

     透視図法という手法は、人間の視界で見えているものの輪郭を透明板上にプロットするという方法で2次元に再現したものです。「視界」とは「視野」の内側の空間のことで、その視野を可視化したものを「視円錐」と呼び、これが透視図法を考える上で最も重要なイメージとなります。視円錐のイメージは、サーチライトで照らした立体の影が壁に投影されることと似ています。以前書いた「視円錐を使って考える望遠パース・広角パースの描き方」の記事では、まだ閃いた段階なので情報足らずですが視円錐について考察していますので参考に。

    透視図法の起源

    透視図法の原型(via 文部科学省HP

    視円錐はサーチライトににている

    視円錐はサーチライトに似ている(via DONburi Room

     また、透視図法の勉強のために人間の視界を分析するときは、客観的データとしてカメラで撮影するのが最適です。カメラのフィルムは平面状で、人間の眼球の網膜は曲面状なのになぜ写真に不自然な歪みが生じないのかというと、写真に映されているのは網膜に届く前の段階の風景で、つまり写真を見ていることは風景を眺めていることと全く同じだからです。仮に網膜で歪みが生じていたとしても、その網膜に与えられる情報が同じなら写真も風景も同じように見えます。ちなみに、透視図法で描いた絵が不自然に歪むのはなぜか、という議論は透視図法の根本的な原理について触れなくてはならず、結論を言えば正しい立ち位置から見ていないから歪むというものなのですが、それ単体で非常に面白い内容なので別の機会に考えたいと思います。

    カメラの内部構造

    カメラの内部構造(via CAMERAfan

    フィルム投影の構造

    フィルム投影の構造(via モノスタジオ

    視界の広さ=視野角=画角

     動物は種によって視野の広さが異なります。肉食獣は視野の広さを獲得することよりも獲物との距離感を優先したため、2つの目が正面についています。それに対して草食獣は天敵の姿をいち早く発見するため、顔の両サイドに目をつけてほぼ180°見渡しています。猛禽類は上空から小さい獲物をロックオンするため、視野の中央付近のみ極端に拡大できる望遠鏡のような目を持っています。昆虫たちはミニチュアの世界で生きているため、軽くて素早い動きを捉えるために複眼を持っています。

     このように、一言に視野といっても目的によって様々な特徴を持っていて、その違いが顕著に現れるのは「視野角」が違うためです。この「視野角」が2つの眼による視界の広さを表す指標だとすると、「画角」はカメラレンズで撮影できる範囲のことを指します。どちらもほぼ同じ意味を持つので使うときはニュアンスに気をつけるだけでいいと思います。

     画角の違いによる見え方の違いは単純に見える範囲が違うというところなのですが、そういった漠然としたイメージでは具体的な映像は浮かんできません。絵を描く場合は画面構成を考えるため、画面の大きさに対して立体がどの位置でどれくらいの面積を占めているかが重要なので、どのような形状の視円錐のどの位置に立体があるかをイメージすると分かりやすいと思います。

    画角による映像の違い(広角レンズ)

    画角による映像の違い(望遠)

     イメージした視円錐をスライスして、断面の直径を同じ大きさに拡大縮小して重ねたものが最終的な絵となります。

    視円錐の断面の金太郎飴

    平面図×側面図=投影図=透視図法解剖図

     透視図法を深く理解するためには、平面図、側面図をイメージしやすい「足線法」を理解することが近道となります。平面図は航空写真のようなものなので、空間内の立体同士の立ち位置を見やすくします。側面図は観測者の視点と地面の位置関係(高さ方向)を見やすくします。側面図では視点の高さであるアイレベルELは観測者の身長に設定され、原則として2点透視図法では地面と視線は平行なので永久に交差することはありません。しかし、投影図では奥行きの縮小によっていずれ地平線HLに収束するので、地平線HLとアイレベルELと視中心CPは一致します。

    EL・CP一致の2点透視図法

     このとき地平線HLとアイレベルELが一致するとしているのは、2点透視図法において視線と地面が平行であることが前提であるため、観測者が注目している視中心CPがある高さであるアイレベルELは地平線HLと重なるはずだからです。もしHLとELが一致していない場合、それは観測者が地平線HLを見つめていないため見下ろしたり見上げたりしていることになり、よって3点透視図法ということになってしまいます。3点透視図法と2点透視図法では、画角θの設定方法やCPの位置などの扱いが違います。3点透視図法についての解説は次の「3点透視図法の解剖図 〜なぜ4点ではなく3点なのか〜」の記事で。

    EL・CP不一致の3点透視図法

     また、「シフトレンズ」という特殊なカメラレンズを使えば、視線の方向を変えずに映る風景を上下左右にズラすことができます。視線の方向を変えないということはPPと視線が直行したままということで、なおかつ風景を上下左右にズラすということはPPをスライドさせているということで、結果としてCPがPPの中央にない絵となります。言い換えれば風景の任意の部分をトリミングするような構図の取り方で、このような「シフト」という考え方は以前の「一瞬で背景イラストのアングルと画角を決めるパースの描き方」と「2つの視円錐を重ねて三点透視パース作画 〜建築パースとリアルパースの違い〜」の記事の「画面を切り取る」アイデアの実用性を補強するものとなります。ただ、透視図法において特殊なカメラレンズによって作られた「シフト」した状態は例外扱いなので、この記事ではスタンダードな1点透視図法、2点透視図法について説明します。ちなみに、3点透視図法のように見下ろしたり見上げたりしている状態ではELとCPが一致しませんが、この状態は「チルトダウン・チルトアップ」といったカメラワークがなされた状態になります。

    カメラワークのシフト・チルト概念図

     側面図をそのまま平面図に取り込むことはできませんので、側面図で設定した高さ方向の距離情報と、平面図で設定した立ち位置情報を踏まえて、観測者がSPからPPを見ている状態すなわち投影図として作図します。この投影図上での作画フレームの位置によってアオリ・フカン構図まで決められるようになり、透視図法の全貌を一つの図で説明できるようになります。透視図法の投影図は、各点の機能さえ理解してしまえばすごくシンプルに見えてきます。透視図法の投影図と、可視化された視界としての視円錐がどのようにリンクしているかをしっかり覚えてください。透視図法について何か説明しようと図を描いた時、それは透視図法の投影図の一部を使うことが多いです。さながら透視図法の解剖図といったところです。

    透視図法解剖図

    人気記事

    ∧ PAGE TOP