お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 右脳・左脳で使い分ける人体デッサンのアタリ線の描き方

    No Image

     今回は模写するときの人物画のアタリ線の考え方、実践編です。前回に立てた仮説に則って実際に人物画を描いてみて、いろいろと修正を加える内容となっています。厄介なことに技術的ではなく心理学的な方面にまで手を出してしまいましたが、なんとか言葉に起こせました。

     まず始めに前回の「人体デッサンの解剖学的なアタリ線の描き方」の記事で立てた仮説とやらの復習と、今回利用した資料の紹介からです。前回は色々な種類のアタリ線を目的別に分解して、自分の都合のいいように再構築した描き方手順というものを考案しました。といっても今回かなり改善される運命にあるので走馬灯のように流し見でもして下さい。

    前回の仮説

    • 探るようにラフ画を描く
    • 背骨ラインを描く
    • コントラポストを考える
    • アイレベルを見つける
    • 地面のパース線を描く
    • 三分割法で上半身と腰の輪郭を描く
    • 胴体の厚みのパース線を描く
    • パンツを描く
    • 足の裏面の方向を描く
    • ギザギザ法で脚のラインを一筆で描く
    • 縫工筋→膝骸骨→脛骨のラインを一筆で描く
    • 鎖骨・首回りの筋肉・後頭骨の縁のラインを描く
    • 僧帽筋・三角筋を描いて肩幅を決める
    • ギザギザ法で腕のラインを一筆で描く
    • 手首の角度を決める線を描く
    • 顔の十字線を描く
    • 後頭部から頭蓋骨を描く

    参考資料

    • 『やさしい人物画』/A・ルーミス著 /北村孝一訳
    • 『メール・ヌード・コレクション(みみずくアートシリーズ)』/視覚デザイン研究所
    • 『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座』/西澤晋
    • 『POSE MANIACS』(ヌードモデル資料サイト)

     今回は模写練習を行うにあたり、大量のヌードモデル資料を必要としていました。こんなときに役立つのはご存知『ポーズマニアックス』です。このサイトは通称30秒ドローイングと呼ばれてますが、今回、時間制限は使用していません。これまでもあまり時間制限を使ってこなかったのですが、おそらく何の方法論も持たずに速描きしてもただ雑になるだけだと以前から思っていたんでしょう。だからこのサイトを利用するときは時間制限のない『ランダムポーズ』モードでクロッキーしています。

     ポーズマニアックスだけでは細かい筋肉や、ポーズに筋肉の形状の変化を観察することが出来ないので、『メール・ヌード・コレクション』も利用しました。この写真集に載っているのは、立ちポーズとか、重いものを持っているとか、激しい運動の瞬間とか、古典芸術のポーズの再現とかですね。また、写真のコントラストが強めなので、筋肉の陰影がハッキリ見えて描きやすいと思います。ポーマニと違うのはモデルに表情があるところです。表情もエネルギーの一種ですから、そこまでしっかり観察するといいと思います。

    実践その1 〜実際に描いて気づいた改善点

     とにかく描かない事には何も始まらないので試行錯誤の過程で描いたクロッキーを掲載します。それを描いている最中に何を考えていたかというのを画像にキャプションとして挿入しているので、考察の材料として使って下さい。

    fig.01 前回立てた仮説の実践

     始めの内は前回考えた仮説を律儀に実践していたのですが、どうも役に立たないアタリ線が含まれているように思えてきました。fig.01を見て思ったかもしれませんが、だんだんと改善を加えている部分があったり、メモが書かれていたり、随時変更を加えながら練習しています。なにせ前回は完全に座学としてアタリ線について調べただけなので、実際に枚数を描いてみると弱点が露呈してくるのは当然のことなのです。そのための今回の「実践」の記事というわけです。

     では具体的にどこを改善したかというと、とにかく使用頻度が低いアタリ線を律儀に描かないということです。前回の記事の段階では、アタリ線を描けば描くほどデッサンが安定すると思っていたのですが、位置決めを目的とするアタリ線は非常に理屈的で、つまり先入観が混入しやすいということになります。知っていると思いますが、先入観があるとパースのかかった人体を描きたいのに、奥行きによって縮小していく線の短さに堪え兼ねて実物より長く描いてしまう、なんてことが起こってしまいます。アタリ線を描くということは、デッサンの方向性を明確にするという長所もありますが、その描き方に先入観が残っていると間違った方向に確実に進んでいってしまいます。滑稽ですね。

     そうならないために、必要のないアタリ線を選別し、必要最低限のアタリ線に絞って少数精鋭隊を編成します。物事を成功に導く原則は、道具、手段、環境など自分が利用するものを熟知し、最高のパフォーマンスを引き出すことです。あまり使わないけどとりあえず描いてみようという適当な考えはいつかボロを出してしまうような気がします。では、前回の記事で立てた仮説の16項目の手順のうち、必要ないと思ったものをザックリと削ります。

    Before

    • 探るようにラフ画を描く
    • 背骨ラインを描く
    • コントラポストを考える
    • アイレベルを見つける
    • 地面のパース線を描く
    • 三分割法で上半身と腰の輪郭を描く
    • 胴体の厚みのパース線を描く
    • パンツを描く
    • 足の裏面の方向を描く
    • ギザギザ法で脚のラインを一筆で描く
    • 縫工筋→膝骸骨→脛骨のラインを一筆で描く
    • 鎖骨・首回りの筋肉・後頭骨の縁のラインを描く
    • 僧帽筋・三角筋を描いて肩幅を決める
    • ギザギザ法で腕のラインを一筆で描く
    • 手首の角度を決める線を描く
    • 顔の十字線を描く
    • 後頭部から頭蓋骨を描く

    After

    • ラフ
    • 背骨ライン、胸ライン
    • コントラポスト
    • 鎖骨ライン
    • 三分割法
    • ギザギザ法
    • 縫工筋〜膝骸骨〜脛骨
    • 後頭骨ライン
    • 顔の十字線(仮面)

     このとき、どういった基準で訂正を加えたかというと、それは脳の使い方です。いくら使用頻度が低かったとはいえそれはただの偶然かもしれないので、ちゃんと除去する基準となる理由は考えます。『脳の右側で描け』という本をご存知でしょうか。この本は、絵を描くときに人間の脳のどの部分が、どのように作用して、どのような結果を導くかを理論的に解明しているらしいです。まだ読んだことはありません。しかし、聞いた話によると、脳は左右でそれぞれ得意分野を持っており、左脳は理屈・演算・思考を得意とし、右脳は観念・直感・無意識を担っているとのことです。

     それを踏まえた上でインターネットでこの本の様々な感想を調べて見たところ、「絵を描くときは右脳を使用し、左脳を使って絵を描くとデッサンが崩れる。しかし右脳は模写することに適しているだけなので、イメージで絵を描くという以前に、全く描けない人がまず描ける段階に進むための本である。」という結論に至る人が多くいました。確かにそのことには一理あります。しかし、右脳で絵が描けるようになってから以降は右脳を使わなくなるわけではありませんし、むしろ描けるようになったからこそ自分の考えを作品に繁栄させる余裕も生まれる、つまり上手くなるにつれて再び左脳(右脳ではなく左脳です)で描く必要が生じてきます。すると本当の勝負は『脳の右側で描け』を読んで右脳で描くという概念を得た後で、左脳と右脳を使い分ける技術を追求しはじめてから、ということになります。

     何が言いたいかというと、この本を読まずに絵が描けるようになった人も一旦この本で「右脳で描く」という概念を基礎教養として学んでおくことで、いつか壁にぶち当たったときに自分が良からぬ先入観で絵を描いていないか、ただの慣れで描いてはいないかを、客観視点から分析することができます。客観視は人の無意識を発見しますから。要するに、もう自分には必要ないとか言わずに読む価値あるんじゃね?ということです。これは絵を描くことだけに限らず、世界観のデザインや設定、ストーリーを考えるときにも同じ事が言えます。何事にも客観的な視点を構えることは色々な発見に繋がるので忘れないようにしましょう。『脳の右側で描け』のすごいところは「右脳で描くと良い」などという誰も思いつかないような概念を発表したことにあります。それを知りさえすればたとえ証明されていなくても技術として活用することはできます。ただこの本は心理学的側面が強いので信頼性が弱いと思われるきらいがありますが。我がHP『お絵描きホーホー論』では技術的側面を強化していこうと思います。

    人気記事

    ∧ PAGE TOP