お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 髪の描き方と、美しい髪というクオリアの関連性

     どんなにヘアスタイルの構造を理解したとしても、結局のところ「美しい髪」の描き方は分かりません。今回の記事では、前回の記事で提案した髪型デッサンを四段階に分類する方法を主軸に構えて、「髪型デザインの考え方」と「美しい髪とは何か」という2つの課題の接点を探っていこうと思います。

     前回の「ヘアカットとデッサンを関連づけて考える髪の描き方」の記事では髪をデッサンする過程を四段階に分類して、マクロからミクロへ掘り下げる方針を考案しました。今回のメインテーマについて説明します。「髪型デザインの考え方」というのは前回の記事のアイデアの延長で、より具体的な分類とその説明を明確に行います。デッサン自体には直接関係しませんが、髪型についての情報を樹形図にまとめて各情報の関連性を辿りやすくしておくことで、共通点で情報同士をリンクさせて新たな発展にも繋がるでしょう。2つ目の「美しい髪とは何か」というのは言うまでもなく美的感覚に関することです。どれだけ丁寧に本物のようにデッサンしてもそれが美しいとは限りません。なので人間が持っているクオリア(意味は後述)というものを参考にしつつ、どういう髪を描けば美しく見えるのかも考えます。簡単に言えば記号化について考察するということになります。

    髪型デッサンの4段階を具体的に分類する

     前回の記事では紹介に止めていた髪型デッサンの四段階ですが、もう少し具体的に説明しておこうと思います。説明の仕方としては、できる限りそれぞれの要素の名前を使って別の要素を説明するようにして、全体の関係性が繋がるように心がけています。例えば、毛先線のバラつき方はスタイルの髪の切り方によって色々あったりします。つまり、四段階に掘り下げるとは言っていますが順序を守る必要はなく、必要なときに立ち戻ったり、飛び石のように要点を繋げたりと、組合せ自由な一覧表と考えて良いでしょう。table.01には各段階の説明と掘り下げ方をまとめており、table.02には各段階の具体的な内容と、その全体的な相互関係を説明しています。

    table.01 各段階の特徴と掘り下げ方

    段階 特徴
    スタイル  これからデッサンする髪型の描き方を考えるために必要な情報を把握するもの。髪型のスタイルを決める段階なので、どうデザインするかでなく、大まかにどういう雰囲気にしたいかを考える。
    パーツ  髪型のブロック分けを行って具体的にデザインする。パーツにはそれぞれ役割があり、第一段階で決めたスタイルに近づく形状を考える。
    構成要素  第二段階まででは髪型の外形や髪の量といった物理的なことが対象なのに対し、ここではデザインの意図やキレイに見せる工夫といった感覚的な部分を考える。
    描画線  第三段階で決めた表現方法を実践するために、ここでは描き方を考える。先入観にとらわれてぎこちない線を描かないために、最低限の質感は表現できる記号化された線を使う。

    table.02 分類一覧

    段階 分類 性質 特徴
    スタイル
    ワンレングス 毛束は太めで分岐も少なく、流れの方向に統一感がある。
    ボブ 長さが短いため、毛束は一枚の板のようになる。
    グラデーション 毛束に分岐が現れる。
    レイヤー 毛束が先細りになる。
    パーツ
    フロント 前髪。分け目などの基準点から流れ線が始まり、毛先線と合流する。
    トップ 髪型の表面となることが多い。つむじや分け目などの根元線を基準に流れが始まる。
    サイド もみあげ。フロントとのバランスで印象が変わる。
    インナー トップの下に隠れることが多い。見えない場合もしっかり意識しておかないと、後頭部の膨らみなどのウエイトを描けない。
    ネープ 襟足
    構成要素
    流れ 始点と終点の間の軌道のこと。球体表面を這うように分布する、立体感と関係が深い要素。
    長さ 長いほど髪が重くなり、流れ線のカーブは緩やかになる。
    ウエイト 輪郭線で囲んだ部分の形という意味もあるが、ニュアンスとしては髪型の強調して膨れている部分が正しい。強調の仕方によって心理的な印象が変わる。
    描画線
    輪郭線 髪型の基礎を表す線。アタリ線のようなもので、最もシンプルな形状でブロックを配置する。
    毛先線 点・線・面 曲線の根元側は、延長するとつむじに収束するように描く。パーツの輪郭線を崩さない程度なら分岐させても良い。
    根本線 生え際、つむじ、分け目など、髪の流れ線の収束点のこと。
    流れ線 点・線 重力のことを忘れずに、根元は伸び気味に、毛先は曲線気味に描く。言い方を変えると、根元は強制的な曲線、毛先は自然な曲線。明るい部分は少なめに、暗い部分は多めに描くと自然に見える。つまり立体の回り込み部分の線の密度が高くなる。
    交差線 重力とその他の力が交差する部分や、大量の髪の毛が一点に収束する場合に、互いに押しのけ合って乱れた流れ線が交差線となる。

    fig.01 髪型デッサの四段階(前回の記事より引用)

     ここでは思いついたものを取りあえず列挙しているだけなので、実際に描いてみたら新しいことを発見して追加されるかもしれませんし、必要ないと判断するかもしれません。少しずつ情報を充実させていくと着実に上達できると思います。スタイルに関しては、その都度目的のスタイルを当てはめるべきで、テンプレートに縛られては表現の幅が狭まってしまいます。なのでここで挙げたスタイルはただの一例だと考えて下さい。スタイルは時代とともに進化しますので。その他の項目についても次回の記事で実践した後どう結論付けるか興味深いところです。とにかく、これだけの量を一度で覚えられませんし、使い慣れていくしかありません。要は道具です。便利道具。

    人気記事

    ∧ PAGE TOP