お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • 解体新書 ~人体デッサンの解剖学における筋肉の暗記術~

    美術解剖学の入門は暗記から

     人体デッサンにおいて細かい凹凸を表現して生々しさを与えるには美術解剖学の知識は必須です。おそらく絵の練習をし始めた人はある程度模写練習を積んだ後で解剖学というものに出会ったことだと思います。しかし、あまりにも多い筋肉や骨格の種類、その形状や役割、そしてそれをどう表現すれば良いかなど、目が回るほどの課題の数々に挫折したこともあるでしょう。解剖学はマスターしたい、では確実に血肉となる勉強方法はないものか。そう考えると、やはり第一歩目は筋肉の名称の暗記だと思いました。知らないことには理解にたどり着けません。だから解剖学書を手本にたくさん模写することより、まずはできる限り効率よくシンプルに暗記できる方法を自分で考えれば良いのです。

     筋肉の名称を暗記するにあたって用意すべき物は、丁寧な美術解剖学の専門書、一冊目とは異なる観点で解剖学を解説している指南書、解剖学について書かれたウェブサイト、市販もしくはネットで拾ったヌードポーズ資料、3D解剖学資料、自分の体など、これくらい揃っていれば様々な疑問の解決に役立つでしょう。

     まず美術解剖学入門に最適なのはこの『やさしい美術解剖図』です。これは人体の筋肉の骨格と筋肉の名称は一通り記載されていて、各パーツ単体の様々なアングルの図があったり、形状の特徴に注目した解説文などがあるなど、タイトルの通りやさしく入門できると同時にずっと使い続けられるクオリティを持っています。しかも本書の図はすべて著者のデッサンに依るものなので、すでに人間の目で見たというフィルターを通っているので構造が理解しやすいと思います。美術解剖学を学ぶときには基本とすると良いでしょう。

     サブの解剖学書として役立ったのは『リアルなキャラクターを描くためのデッサン講座』です。こちらは筋肉の名称について軽く触れているだけですが、それを覚えやすくするためにいい感じにグループ化して解説してくれています。あとで説明しますが、前腕部の筋肉のグループとしてグー筋(屈筋群)、パー筋(伸筋群)、ひじ三角筋(腕曲筋群)という考え方は覚えやすくて参考にしています。それに著者はアニメーターなので、キャラクターに演技させたときに筋肉や骨格がどのように動いて表面に表れるのかということも解説されていて、止まった解剖図ばかり見るより理解が深めやすいと感じました。

     サブ本の二冊めとして『やさしい人物画』も見ました。解剖学書というのは未だに絶対的なものがなくて、本によって筋肉名称の呼び方が違ったり、筋肉の位置や重なりに誤解があったりするので、なるべく多くの資料に目を通すことが大切だと思います。ちなみにこのルーミス本自体に表記ミスがあるらしいので、購入したらまずは自分で訂正することをおすすめします。表記ミスについては『KITAJIMAのお絵描き研究所』にて指摘されています。

     顔面の筋肉群については『やさしい美術解剖図』だけでは不十分に感じたので、表情筋の専門書として『表情 -顔の微妙な表情を描く-』も参考にしました。解剖学をやるなら今言った二冊はまず揃えるべき参考書ですね。

    Zygote BODY

     人体の3D資料は『Zygote BODY』がおすすめです。これは3Dで回転できるだけでなく、筋肉の表示レベルを調節できて大きい筋肉から順に非表示にしてインナーマッスルなどの構造も確認できます。解剖学書だけでは理解できない箇所は3Dモデルで確認すれば良いでしょう。

    Figure Drawing References

     ヌードポーズをネットで集めたいなら『Figure Drawing References』がおすすめです。様々なポーズの男女のヌードポーズ資料が手に入ります。全ての画像を保存してpdf書籍にまとめておけば便利でしょう。

     絵が上手くなりたいなら最低でも解剖学図くらいは買いましょう。ネットの解剖学講座を見るのも良いですが、淡々と資料を載せている資料は毎回初心に帰るため必要です。ではこれらの教材を参考にして編み出した、僕の考えた最強の筋肉名称暗記術を紹介しようと思います。

     筋肉にはそれぞれ役割があって書籍でもちゃんとした解説がされていますが、それは解剖学としての説明です。しかし暗記には暗記のやり方があります。それが自分の好きなようにグループ分けする方法です。好きなようにと言っても、それなりに解剖学に則った方が情報が多くて覚えやすいのは間違いないですが。まずは体の部位で大きく分類します。頭、首、胴、腕、手、脚、足というように分けました。そしてそれぞれの部位の筋肉を覚えやすいようにの5色で色分けして考えます。大まかな意味付けとしては単に色分けという以外に、腕や脚に関しては屈筋群伸筋群区切りもしくは特殊な筋群その他の筋群単体としています。

    人気記事

    ∧ PAGE TOP