お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • デジタルイラストで使うレイヤーの描画モードの効果を画像で検証

    色補正ツールによるレイヤーの加工

     CGソフトには必ずといっていいほど色補正機能が搭載されています。色補正ツールは使い方次第では画像の色を思い通りに調整できます。それ自体が色の調和を持たらすこともありますが、レイヤーモードと併用することでもっと複雑な調整が可能になります。

     このように、色を調整したレイヤーを何かしらのレイヤーモードで合成する作業は、まるで元の画像に色付きフィルムを被せているみたいということで、このような色を調整するCG処理をフィルターと呼んでいます、と思います。詳しくは調べてませんが。そして、そのときに被せるものを調整レイヤーといいます。というわけで調整レイヤーを作成するためにはレイヤーの描画モードと色補正ツールの使い方を知っておくべきなので一通りリストアップします。まずは色補正ツールから説明します。

     ちなみに、サンプルとして載せてある操作画面はPixelmatorというCGソフトのものです。画像編集においてかなり優秀なソフトなので愛用しています。どのCGソフトも同じような機能を持っていると思うので、自分が使っているCGソフトと照らし合わせながら考えてみてください。また、各機能の使用例としてレインボーのグラデーション画像に色補正をかけたサンプル画像も載せています。

    トーンの差による配色パターン

    分類 色補正ツール 説明 ウィンドウ
    色相 色相 明度・彩度、そして全体の色相の相対関係を維持したまま色相を調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理01 色相色相を逆転
    カラーの適用
    着色
    全体を一つの色相に統一することができる。セピア調など、色付きフィルムを被せたような加工ができる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理02 着色色相を緑に統一
    カラーバランス 全体の色のバランスを調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理03 カラーバランスイエローを少なく
    チャンネル RGBチャンネルのうち特定の一つのチャンネルのみの色の強さを調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理04 チャンネルRとGを0に
    明度 レベル補正 輝度の明暗の最大値の範囲を調整して、指定した範囲外の画素は切り捨てることができる。また、輝度分布の高い範囲を調整してコントラストや明度の調整ができる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理05 レベル補正レベルを強める
    トーンカーブ 輝度分布を曲線で調整できる。コントラストや明度を調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理06 トーンカーブ高明度と低迷度の範囲を強く
    明るさ・コントラスト 現時点でのバランスを維持したまま全体の明度(輝度)とコントラストを調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理07 明るさ・コントラストコントラストを強く
    露光量 露光量とはカメラで撮影するときに光を取り入れる量のことです。例えば夜空を撮影するときにはシャッターを開きっぱなしにして、より多くの光を集めることで小さな星を写真に収めます。

    露光量が多いほど明るくなります。輝度補正と動作が似ていますが、輝度補正は全体を同じ量だけ明度調整するのに対し、露光量は明るい画素ほど明るくなります。つまり変化量=光量×時間ということです。

    デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理08 露光量露出を増やして明るく
    シャドウ・ハイライト 明度が高い部分と低い部分に個別に調整を加えられる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理09 シャドウ・ハイライトシャドウを明るく
    彩度 白黒
    脱色
    彩度を0にしてモノクロにできる。結果は色相の固有明度となる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理10 白黒彩度を0に
    彩度 全体の彩度を調整できる。 デジタルイラストの調整レイヤーの作り方と原理01 彩度彩度を低く

     あまり使い込んでいるわけではないので簡単なことしか書けませんし、もしかしたら間違いもあるかもしれないので気をつけてください。そのあたりは使って覚える方が確実かもしれません。具体的な使い方についてはこれから煮詰めていくつもりなので、後日ちゃんと記事にします。では次のページにどうぞ。

    人気記事

    ∧ PAGE TOP