2012年自主制作アニメ『もぐらたたき行進曲』制作日記 | お絵描きホーホー論

お絵描きホーホー論

理屈で絵が描ける事を証明する、徹底考察お絵描き研究
-->

スケッチの研究 〜シルエット〜

塗り絵の研究 〜シェーディング〜

面白くする研究 〜エンターテイメント〜

映像制作の研究 〜テクノロジー〜

音と映像の研究 〜アンビエント〜

その他の研究

2012年自主制作アニメ『もぐらたたき行進曲』制作日記

 2012年に初めて挑戦した自主制作アニメ『もぐらたたき行進曲』の制作記録です。作品本編映像はほんの少しですが、当時の全力をつぎ込んだ作品です。この自主制作アニメは、この後毎年恒例行事のように制作が引き継がれていきます。

執筆者

村上豪一

 理論化家。森羅万象を理屈でしか捉えない理屈人間。絵を描き始めた頃に神絵師への劣等感から、絵は才能ではなく理屈で描くものだということを証明しようと閃いた。以後、誰でも描ける方法論を開発して絵が描けることの優位性を滅すべく研究に勤しむ。独自開発の手法は「透視図法解剖図」「対角線分割法」「お絵描きのメカニズム」など。作曲方面も研究中。

アーカイブ

カテゴリー

タグ

[an error occurred while processing this directive] ∧ PAGE TOP